コンテナハウスに設置できるキッチンの種類を紹介

住居用としても活用されているコンテナハウスで快適に過ごすためには、キッチンは必要不可欠です。

しかし、「コンテナハウスに設置できるキッチンの種類を知りたい」「費用はどれくらいかかるの?」と、このような疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、コンテナハウスで設置できるキッチンの種類や、キッチンの設置費用について紹介します。

キッチン選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

コンテナハウスのキッチン

以下では、コンテナハウスに設置できるキッチンの種類を紹介します。

さまざまなタイプがありますので、自分の目的に合ったキッチンを選択しましょう。

壁付キッチン

その名の通り壁につけるキッチンのことを指します。クローズキッチンとも呼ばれます。

現在は対面キッチンなどが多く使われているため、壁付けキッチンと聞くと、昭和のお家など古い民家のイメージを浮かべる方も多いのではないでしょうか。

壁付キッチンにはさまざまなタイプがあり、対面式キッチンにはない魅力があります。

比較的安く設置できて、少ないスペースで設置が可能なので、20フィートの小さめのコンテナハウスでも設置ができます

壁付キッチンのメリットはリビングのスペースを広く取れるところです。

壁につけることで、仕切りがなくなるので空間が広く使えます。キッチンの近くにダイニングテーブルを置けば、ご飯を運ぶのもスムーズにできます。

L字型の壁付キッチンにすれば更に広く収納スペースが確保できたり、さまざまな機能をつけられます。造作カウンターなど自由に設置できるのも壁付キッチンの魅力です。

壁付キッチンのデザイン次第では、来客時には建具で隠すこともできます。

デメリットは、リビングに背中を向けるため疎外感があったり、子供の様子を確認できないことです。子どもとコミュニケーションをとったりテレビを見ながら作業したい方には不向きです。

アイランドキッチン

アイランドキッチンは、おしゃれなデザインが多く海外の家を思い浮かべる方も多いでしょう。

アイランドキッチンの特徴はデザイン性にすぐれているのと、壁から離れているため料理をするときに開放感があります。また、四方すべてから作業ができるため、複数人で料理などを楽しむことができます

子どもと料理を楽しみたい方やホームパーティーが好きな方におすすめのキッチンです。

キッチンに遮るものがないので、リビングにいる家族などとコミュニケーションを取りながら料理ができるところも魅力的です。

デメリットは、四方に広いスペースが必要なので十分な広さがないと、窮屈になってしまうところです。費用も高めの傾向にあります。

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンのペニンシュラとは、英語で「半島」と意味します。キッチン部分が半島のように突き出ていることから、ペニンシュラキッチンと呼ばれています。

アイランドキッチンの片面を壁につけたものといえばイメージがしやすいのではないでしょうか。

ペニンシュラキッチンもコミュニケーションが取りやすい対面キッチンです。キッチンに立ったときにリビング側に視線がいくように設置されているため、家族などとコミュニケーションが取りやすいです。

また、限られたスペースで設置できるので、間取りの自由度がたかくバリエーションが豊富なのも特徴です。

アイランドキッチンは両サイドにスペースを確保する必要がありますが、ペニンシュラキッチンは、片側だけですむため、スペースを有効活用できるというメリットがあります。

壁際の換気扇近くにコンロを置くことで料理の匂いが抑えられるというメリットもあります。

キッチン前部にカウンターを設置してテーブルカウンターのように使うのもおすすめです。ただ、作業台が見えてしまうので、少しでも散らかってしまうと見栄えが悪くなってしまうところはデメリットです。

セパレートキッチン

セパレートキッチンは、コンロとシンクを分けて2列になっているキッチンです。前と後ろで分かれているキッチンで、あまり認知はされていませんが、少しずつ人気があがっているキッチンです。

シンクとコンロは振り向くだけで繋がるので作業が楽です。広々とした作業台を確保しやすいので、複数人での作業にも向いています。収納も2つに分けて確保できるので、たくさん収納できるメリットがあります。

広いスペースを確保しなければいけないのと、前と後ろで行き来するので、床が汚れやすいというデメリットがあります。価格も高めです。

キッチンの設置費用

コンテナハウスでは、ペニンシュラキッチン・セパレートキッチンのような対面キッチンを一般的に設置される方が多いです。

20フィートのコンテナハウスには壁付キッチンを設置するケースが多いです。

簡易的なキッチン

シンクとコンロだけの必要最低限の設備は20万円前後で設置できます。収納などにこだわると費用もその分高くなります。

安く抑えたい方は、できるだけシンプルな設備を選びましょう。

システムキッチン

最新の設備をえらんだり、アイランドキッチンにしたり、こだわるとそのぶん費用があがります。約100万円〜200万円くらいになることもあります。

広いコンテナハウスを建てて十分なスペースを確保している方で、キッチンにもこだわりたい場合は余裕を持って予算を組みましょう。

おすすめのキッチン

ひとり暮らしの方は、壁付キッチンが省スペースで予算も抑えられるのでおすすめです。壁側のスペースさえ確保できれば自由にキッチンを設置できるので、普段から料理をするかたは少し広めの壁付キッチンを検討してもいいでしょう。

ファミリーにおすすめなのは対面キッチンです。子どもがいる場合は、様子をみながら料理ができますし、家族とのコミュニケーションも取りやすいです。

まとめ

この記事では、コンテナハウスに設置できるキッチンの種類や設置費用などについて紹介しました。

コンテナハウスの広さによって、おすすめのキッチンは異なります。

ひとり暮らしやあまり自炊をしない方は簡易的なキッチンがおすすめです。家族で過ごす方には、食洗機がついていたり収納スペースが広いなどのシステムキッチンが向いています。

このように、コンテナハウスでキッチンを設置する際は、自分の目的や用途にあったキッチンを選ぶことが大切です。