コンテナハウスの相場は?価格別に建てられるコンテナハウスを紹介!

自由度が高くて個性的なのが特徴の「コンテナハウス」。実際にどれくらいの費用で建てられるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、コンテナハウスの相場から、予算別で建てられるコンテナハウスの実例を紹介していきます。
理想のコンテナハウスはどのくらいの価格帯なのか、予算の目安にもなりますのでぜひ参考にしてみてください。

コンテナハウスの相場

比較的安く建築できることが特徴のコンテナハウスですが、実際の相場はいくらぐらいなのでしょうか。
コンテナハウスの費用は広さや用途によっても大きく変わります。

コンテナハウスにかかる費用

コンテナハウスの費用は、300万〜2000万円前後とかなり幅広い価格です。
中古のコンテナハウスは10万円台から販売されていますが、日本の建築基準法では認められないのがほとんどで建築向きのコンテナハウスではありませんので注意しましょう

実際に住居や店舗として使用する場合は、新設で200〜300万円から、居住用は400万円からが相場です。
趣味や書斎を目的として利用するシンプルな作りのコンテナハウスは5畳〜9畳程度の広さで200万円〜300万円台で建てられるものもあります。

住居としてガスや電気、水道などの設備を追加すると、約400万円〜500万円が最低でもかかります。

100万円台で建てられるコンテナハウス

自分の生活スタイルにあったコンテナハウスを選ぶのも大切なポイントですが、予算の範囲内でどれだけ自分の希望のコンテナハウスが作れるか把握しておくのも大事です。

結論から申しますと、100万円台で建てられる住居用のコンテナハウスの実例はありませんでした。

物販・店舗用のコンテナハウスがありましたので、紹介します。

ジャカコン 物販・店舗コンテナ

画像引用:jacacon

・概算金額:10ft 900,000円〜
内容や設備によって金額が上下することがあります。

住居用には向いてませんが、アクセサリーショップやフラワーショップなど店舗用に適していて、使い勝手がよくお洒落な外観です。

コンテナハウスより安価なユニットハウスは100万円台で販売されているものも多いです。
コンテナハウスとユニットハウスは似てますが構造、居住性能、耐久性など大きな違いがありますので注意してください。

200万円〜300万円台で建てられるコンテナハウス

続いて200万円〜300万円台のコンテナハウスを紹介します。

こちらの価格帯のコンテナハウスも住居用より店舗用として活用しているコンテナハウスが多い印象です。

エイコー林業

画像引用:エイコー林業株式会社

・価格:2,000,000円〜
展示会にて利用した中古のコンテナハウスで、カフェやショップ利用に適しています。

画像引用:エイコー林業株式会社

高級国産無垢材を使用したこだわりのコンテナハウスです。

エアコン付きなので季節関係なく快適に過ごせます。

BIBok ハーフタイプ

コンテナハウス「BIBoxハーフタイプ」ブラック

・本体価格 3,800,000円〜

・規格面積 約14.4m 約4.35坪

スケルトンコンテナで居住用・店舗用・事務所用と幅広く利用できます。

ハーフタイプ活用例

コンテナハウスは増設もできますので、ハーフサイズを連結させてコインランドリーなどの施設として利用することもできます。

400万円〜500万円台で建てられるコンテナハウス

続いて400万円〜500万円台で建てられるコンテナハウスを紹介します。

500万円台であれば住居用に建てられるコンテナハウスも多いです。

BIBoxTrailerハーフサイズ

トレーラーハウス「BIBoxトレーラータイプ」ホワイト

・価格 4,000,000円〜

・BIBokハーフ(20Fハイキューブコンテナ)サイズ

BIBox TRAILER TYPE(トレーラータイプ)のハーフサイズです。店舗用に向いているコンテナです。

BIBoxスタンダード

・価格 5,500,000円〜

・規格面積 約29.7m 約9坪

BIBokのスタンダードタイプで、住宅・別荘・宿泊施設用に適しているコンテナハウスです。

白い外観にウッドデッキ、屋上部分にはパーティスペースも設置されているため、住宅以外にもリゾート施設や別荘としても幅広く活用できるコンテナハウスです。

内装はシンプルで自分好みにコーディネートができます。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

エイコー林業株式会社

引用元:エイコー林業株式会社

・価格 5,000,000円〜

国産ヒノキをふんだんに使用したコンテナハウスです。店舗として利用するのにおすすめのタイプです。

広い敷地に何軒か配置してフードコートやコテージなど、幅広く活用できます。

引用元:エイコー林業株式会社

このように屋外ではテラス席として利用するのもいいですね。

600万円台から建てられるコンテナハウス

続いて600万円台から建てられるコンテナハウスを紹介します。

予算600万円以上の場合は、広いワイドタイプのコンテナハウスや、増設ができたり更に自由度が高くなります。

BIBokTrailerワイド

・価格 6,000,000円〜

・BIBoxスタンダード(40Fハイキューブコンテナ)サイズ

BIBokTrailerのワイドタイプのリゾートバージョンです。リゾート施設・宿泊施設に向いています。

コンテナモジュールをトレーラー架台上に設置し、駐車スペースに停めています。

ベージュとグレーがメインの内装は落ち着いた空間です。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

コンテナハウス活用例

増設・移設が自由にできるのが魅力的なコンテナハウス。

ここからはおまけでさまざまなコンテナハウスの活用例を紹介します。

オフィス用2階建て(BIBokカスタム)

こちらのコンテナハウスは、R&Iカンパニーリミテッド株式会社本社で、2月に撮影された写真です。

BIBoxカスタムのタイプで、BIBoxスタンダードタイプを4つ連結しています。

特注デザインバージョンで内装にもこだわりが詰め込まれています。

コンテナハウスでつくられているとは思えないクオリティです。

別荘・宿泊・グランピング施設

コンテナハウスは広い敷地を活用してグランピングや宿泊施設としても活用できます。

グランピング以外にも、住居・別荘用などさまざまな目的で利用できます。

平屋・セカンドハウス・別荘など

BIBoxワイドType1のコンテナハウスで、平屋やコンパクトな住宅・セカンドハウス・別荘などに広く活用できます。

屋上にもくつろげる空間があり、カフェなどの店舗としても利用できますね。

コンテナハウスの予算を決める際の注意事項

コンテナハウスの予算を決めるときに注意するべきポイントを紹介します。

工事費用なども予算にいれる

コンテナハウスは販売価格または本体価格が◯◯◯円〜と記載されています。

これはコンテナモジュールと言われる本体のみのお値段で、基礎工事・外構工事・オプションなどは価格に含まれていないので注意しましょう。

予算を決める際には、必ず本体価格のほかに内装や設備工事などの費用もあわせて施工会社に見積もり依頼をしましょう。

トレーラーハウスは車両扱いになる

トレーラーハウスにした場合は車両扱いになり、建築物で必要とされる建築確認申請は不要で、固定資産税もかかりません。

そのかわりに設置場所の車庫証明が必要です。

自治体によっては車両扱いとしてくれない場合もありますので、トレーラーハウスを検討している方は事前に確認しましょう。

まとめ

価格別に建てられるコンテナハウスを紹介しましたが、いかがでしたか?

コンテナハウスは価格が上がるにつれて増設・連結をして自由度が高くなり、住居以外にもグランピング施設など活用方法がひろがります。

予算を決めるときはコンテナハウスの本体価格のほかに、設置費用や工事費用・オプションの値段もあわせて考えましょう。

住居用・店舗用など目的を明確にしておくと予算も決めやすいです。

注意事項を確認したうえで自分に合った素敵なコンテナハウスを見つけてくださいね。